電話占いサービスの徹底比較

電話占いの占術とは?

当たる電話占いの占術

電話占いに用いられる、基本的な占術について紹介します。占いに必要なデータを事前に準備しておけば、無駄な時間を使う必要もないため、効率よく、占ってもらうことが可能です。

アタル
アタル

占術って、こんなに沢山あるんですね!

基本的な占術

占ってもらうのに必要なデータ、またそれぞれの占術の特徴を紹介します。

占いに必要な、
個人データ
特徴
タロット
(たろっと)
(特に必要なし)相手の気持ちや、この先がどうなっているかなど、現在から近い未来を占うの
に適している、カードを使った占い方法となります。
ダウジング
(だうじんぐ)
(特に必要なし)人間や物事が持っている力を使い、占います。自分で自覚していない深層心理
や、本当に自分が望んでいること知ることができます。
夢占い
(ゆめうらない)
(特に必要なし)眠っているときに見た夢から、何を暗示しているのか、また潜在意識や深層心
理も読みとって占います。
易占い – 周易
(えきうらない – しゅうえき)
(特に必要なし)陰陽説が元になっており、吉凶可否がはっきり出る占いです。あいまいな質問
ではなく、はっきりした答えが必要な時に向いています。
易占い – 断易
(えきうらない – だんえき)
(特に必要なし)周易に十二支を加え、占いの際の月日時をからめて占う方法です。吉凶だけで
でなく、物事の起こる時期もはっきりと分かります。
風水
(ふうすい)
地図や見取り図土地や建物などの地理要素から、方位や気の流れを整え、そこに住む人を開運
に導くための占いとなります。
算命学
(さんめいがく)
生年月日性格や資質はもちろん、人生の流れを読みとり、時には修正を加えながら、
良い方向へと導いく占いとなります。
数秘術
(すうひじゅつ)
生年月日
特定の日付や名前
生年月日や名前を数字に置き換え、もって生まれた性格や運命、未来を占う
ことができます。
姓名判断
(せいめいはんだん)
苗字と名前氏名で使用している漢字の画数で占う方法、自分自身の性格や傾向をはじめ、
相手との相性も占うことができます。
四柱推命
(しちゅうすいめい)
生年月日
生まれた時間 (※)
生まれた年・月・日・時、この4つの柱を干支で換算し、人間の運命や人生、
性格や能力や未来、相手がいる場合は相性も占うことができます。
西洋占星術
(せいようせんせいじゅつ)
生年月日
生まれた時間 (※)
出生地 (※)
生まれたときの星の配置・組み合わせをホロスコープに起こし、過去や先天的
に持っている運命・性質、また未来をを占うことができます。
宿曜占星術
(しゅくようせんせいじゅつ)
生年月日27種類ある宿を自分の生年月日から割り出し、性格や能力を占います。また、
自分と相手の宿の位置関係を調べ、相性を診断することもできます。
九星気学
(きゅうせいきがく)
生年月日汎用性があり、基本的な性格や運勢に加え、引っ越しや旅行など、移動をとも
なう行動の吉凶を占うことができます。
紫微斗数
(しびとすう)
生年月日
生まれた時間
出生地
中国版の占星術であり、運命と運勢を読みとります。あらゆることを占うこと
ができ、かなり細かいこと、例えば結婚相手の足のサイズまで可能です。
方位・家相
(ほうい・かそう)
(特に必要なし)古来よりある吉凶暦や先人の知恵に、中国占術家を加え、家の中の部屋の
位置や方位、家の建物の形や入居日などの吉凶を占うことができます。
ルーン
(るーん)
(特に必要なし)北欧のルーンと呼ばれる文字からのメッセージを、占います。タロットカード
に似ており、なんでも占うことができます。
マヤ暦
(まやれき)
誕生日どんなエネルギーの日に生まれたのか、人生の目的は何か、相性や人間関係、
また何をすべき年なのかを知ることができます。
カルトッシュカード
(かるとっしゅかーど)
(特に必要なし)近未来の出来事や総合運、過去世占いや夢占いほか、過去・現在・未来にわた
る、さまざまな問題を占うことができます。
インスピレーション
(いんすぴれーしょん)
(占い師によって異なる)占い師のひらめきやインスピレーションで占います。占い師との相性もあるた
め、必ずしも、全員におすすめできるものではありません。
奇門遁甲
(きもんとんこう)
(特に必要なし)ある決まった時刻に、目的に合わせた方角へ移動し、その方位の気のパワーを
取り込むことで開運し、願望を達成しようとする占いです。
手相
(てそう)
両手持って生まれた性格や才能、資質や健康、また運勢を占うことができます。

※必ずしも必要ではない

電話占いで人気の占術

電話占いでは、霊感・霊視透視守護霊対話波動修正遠隔ヒーリングスピリチュアル霊感タロットチャネリング祈願祈祷といった占術が、代表的なものとして人気があります。

但し、霊感系の占い方法について、生まれながらにその特殊能力を持っている占い師は、本当にごく稀であると考えておいた方が無難です。どうしても、この占術で占ってもらいたい場合、最高ランクや殿堂入りの看板占い師のみがいいでしょう。

まとめ

占いを有効活用するには、ある程度の占術知識を学ぶことをおすすめします。

というのも、占術によって、占うことのできる未来の時間軸が異なったり、答えがYES/NOではっきり分かるものとそうでないものがあったり、質問内容で的確な答えが導き出せるかどうかも変わってきます。

ですので、自分の悩み事から、どんな占術が相応しいかを見極め、その上で占い師を選んで相談してみるのも、占いの楽しみが広がったり、結果への理解もより深まるでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました